北里大学北里生命科学研究所・大学院感染制御科学府
生物有機化学研究室
Kitasato University
Kitasato Institute for Life Sciences & Graduate School of Infection Control Sciences
Laboratory of Bioorganic Chemistry

The Sunazuka Group Japanese/English

2019年

10)"Utilization of Hydrophobic TAGs for synthesis of Unique Peptide Natural Products"
July 28 - Aug 2, 2019、Synthesis, Biosynthesis, Technology and drud Discovery of natural Products in the Service of Human Health、Proctor Academy
Tomoyasu Hirose
9)新規抗マラリア活性リポペプチドkozupeptin Aの実用的全合成、絶対立体構造の決定および抗マラリア活性の評価
6月3日〜4日、第115回有機合成シンポジウム、東北大学青葉山コモンズ(宮城)、口頭発表
〇林裕美、廣瀬友靖、深澤航、岩月正人、穂苅玲、石山亜紀、野中健一、塩見和朗、大村智、砂塚敏明
8)コンビナトリアルライブラリー構築を指向したエバーメクチン類の全合成研究
3月20日〜23日、日本薬学会 第139回年会、幕張メッセ(千葉)、ポスター発表
〇齋藤亮、君嶋葵、千成恒、佐藤翔悟、廣瀬友靖、増井悠、高橋孝志、大村智、砂塚敏明
7)抗トリパノソーマを有するActinoallolide Aの全合成研究
3月20日〜23日、日本薬学会 第139回年会、幕張メッセ(千葉)、ポスター発表
〇渡邊彰人、野口吉彦、大西倫、廣瀬友靖、岩月正人、稲橋佑起、大村智、砂塚敏明
6)抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究;10員環ラクトンの構築
3月20日〜23日、日本薬学会 第139回年会、幕張メッセ(千葉)、ポスター発表
〇安藤博康、大原基義、君嶋葵、廣瀬友靖、金井田將裕、宮本岳洋、大村智、砂塚敏明
5)抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンのリレー全合成と構造活性相関研究
3月20日〜23日、日本薬学会 第139回年会、幕張メッセ(千葉)、ポスター発表
〇大原基義、君嶋葵、安藤博康、廣瀬友靖、野中健一、松本厚子、大村智、砂塚敏明
4)疎水性タグを用いた環状デプシペプチド類の全合成
3月20日〜23日、日本薬学会 第139回年会、幕張メッセ(千葉)、口頭発表
野口吉彦、〇野垣祐貴、廣瀬友靖、村島徳史、佐竹雄大、大村智、砂塚敏明
3)新規抗マラリア活性リポペプチドKozupeptin Aの実用的全合成および絶対立体構造の決定
3月20日〜23日、日本薬学会 第139回年会、幕張メッセ(千葉)、口頭発表
〇林裕美、廣瀬友靖、深澤航、岩月正人、野中健一、穂苅玲、石山亜紀、塩見和朗、大村智、砂塚敏明
2)抗マラリア活性を有するDiatretolの不斉全合成と網羅的構造活性相関研究
3月20日〜23日、日本薬学会 第139回年会、幕張メッセ(千葉)、口頭発表
〇高橋脩、廣瀬友靖、君嶋葵、岩月正人、穂苅玲、石山亜紀、山田健、菅原章公、佐藤達彦、大村智、砂塚敏明
1)抗感染症薬を指向した 3Z,5E-octa-3,5-diene-1,3,4-tricarboxylic acid-3,4-anhydride(ODTAA)の全合成と構造活性相関研究
3月20日〜23日、日本薬学会 第139回年会、幕張メッセ(千葉)、口頭発表
〇池谷佳紀、廣瀬友靖、浅見行弘、松井秀仁、野口吉彦、花木秀明、塩見和朗、大村智、砂塚敏明

2018年

9) 大村創薬グループにおける微生物創薬(大村天然物を基盤とした創薬研究に関して)
11月28日〜30日、第36回メディシナルケミストリーシンポジウム、京都テルサ(京都市) 招待講演
砂塚敏明
8) 日本発大村天然物による微生物創薬
11月21日〜22日、平成30年度 後期有機合成化学講習会、日本薬学会長井記念館長井記念ホール(東京) 
砂塚敏明
7) New Antimalarial Lipopeptides Produced by Paramarospurium Species: Isolation, Structual Elucidation, Efficient Total Synthesis, and Biological Activity
11月12日〜16日、第14回 国際有機化学京都会議(IKCOC)、リーガロイヤルホテル京都(京都)
〇林裕実、廣瀬友靖、深澤航、岩月正人、野中健一、穂苅玲、石山亜紀、塩見和朗、大村智、砂塚敏明
6) 薬剤感受性出芽酵母を用いた微生物二次代謝産物からの抗真菌薬シード化合物の探索
11月1日〜2日、第101回 日本細菌学会関東支部総会、北里大学薬学部(大村記念ホール)
○坂井克行,廣瀬友靖,岩月正人、知念拓実、木村徹、須賀拓弥,野中健一、中島琢自、砂塚敏明、臼井健郎,浅見行弘、大村智、塩見和朗
5) 大村天然物をターゲットとした効率的全合成と有用生物活性物質のリード探索
6月1日、薬学部セミナー、岩手医科大薬学部、招待講演
廣瀬友靖
4) 疎水性タグを用いた殺虫活性を示す24員環デプシペプチドVerticilideの全合成
3月28日、日本薬学会第138年会、金沢(もてなしドーム)、ポスター発表
○野口吉彦、廣瀬友靖、佐竹雄大、村島徳史、野垣祐貴、塩見和朗、大村 智、砂塚敏明
3) 抗マラリア活性トロポノイド類の多様性指向型合成と構造活性相関研究
3月28日、日本薬学会第138年会、金沢(もてなしドーム)、ポスター発表
○千成 恒、齋藤亮、廣瀬友靖、岩月正人、石山亜紀、穂苅 玲、乙黒一彦、大村 智、砂塚 敏明
2) 抗トリパノソーマ活性を有する Actinoallolide A の全合成研究
3月26日、日本薬学会第138年会、金沢(ホテル金沢)、口頭発表
○渡邊 彰人、野口吉彦、廣瀬友靖、佐藤翔悟、千成 恒、岩月正人、稲橋佑起大村 智、砂塚 敏明
1) 大村創薬グループにおける微生物創薬
3月26日、日本薬学会第138年会、特別企画 AMED主催WS01 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)ワークショップ
金沢(ホテル日航金沢)、招待講演
砂塚敏明

2017年

27) 微生物の生産するMRSAに対するアルベカシン耐性克服活性物質の探索
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
○江口 修平、本庄 雅子、浅見 行弘、野中 健一、松本 厚子、花木 秀明、砂塚 敏明、岩月 正人、大村 智、塩見 和朗
26) 薬剤感受性出芽酵母を用いた抗真菌物質の探索
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、口頭発表
○坂井 克之、廣瀬 友靖、岩月 正人、野中 健一、砂塚 敏明、臼井 健郎、浅見 行弘、大村 智、塩見 和朗
25) 抗感染症薬を指向した3Z,5E-octa-3,5-diene-1,3,4-tricarboxylic acid-3,4-anhydride (ODTAA)の全合成と構造活性相関研究
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
○池谷 佳紀、廣瀬 友靖、浅見 行弘、松井 秀仁、野口 吉彦、花木 秀明、塩見 和朗、大村 智、砂塚 敏明
24) コンビナトリアルライブラリーの構築を指向したエバーメクチン類の全合成研究
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
千成 恒、○佐藤 翔悟、廣瀬 友靖、増井 悠、高橋 孝志、大村 智、砂塚 敏明
23) In situ click chemistryを基盤としたピルビン酸脱水素酵素キナーゼ4(PDK4)阻害剤の合成研究
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
○堀越 俊、廣瀬 友靖、諸留 圭介、杉田 悠貴、木戸 博、大村 智、砂塚 敏明
22) 抗マラリア活性を有するPuberulic acid類の全合成と構造活性相関研究
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
○齋藤 亮、千成 恒、廣瀬 友靖、岩月 正人、石山 亜紀、穂苅 玲、乙黒 和彦、大村 智、砂塚 敏明
21) 抗トリパノソーマ活性を有するMangromicin類の全合成
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
○石原 拓真、廣瀬 友靖、高田 拓和、山田 健、中島 琢自、高橋 洋子、大村 智、砂塚 敏明 ポスター発表賞受賞
20) 微生物由来生物活性天然物ルミナミシンの不斉全合成研究
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
○安藤 博康、大原 基義、廣瀬 友靖、宮本 岳洋、君嶋 葵、高田 拓和、菅原 章公、大村 智、砂塚 敏明
19) 抗嫌気性活性を有するルミナミシンのリレー全合成と構造活性相関研究
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
○大原 基義、安藤 博康、廣瀬 友靖、野中 健一、松本 厚子、大村 智、砂塚 敏明
18) 疎水性タグを用いた環状デプシペプチド類の全合成
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
野口 吉彦、○野垣 祐貴、廣瀬 友靖、村島 徳史、佐竹 雄大、大村 智、砂塚 敏明
17) C2対称14員環ジラクトンライブラリーを活用した非天然型活性分子の探索研究
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、ポスター発表
○高橋 脩、野口 吉彦、廣瀬 友靖、中野 隼人、大村 智、砂塚 敏明
16) 抗トリパノソーマ活性を有するActinoallolide Aの全合成研究
12月16日、第10回北里化学シンポジウム、北里大学相模原キャンパス IPE棟(神奈川)、口頭発表
○渡邊 彰人、野口 吉彦、佐藤 翔悟、大下 純、千成 恒、廣瀬 友靖、及川 大輝、稲橋 佑起、岩月 正人、石山 亜紀、大村 智、砂塚 敏明
15) 抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究
12月6日、第112回有機合成シンポジウム、早稲田大学国際会議場(東京)、ポスター発表
○安藤 博康、大原 基義、宮本 岳洋、廣瀬 友靖、大村 智、砂塚 敏明
14) Progress toward the total synthesis of Actinoallolide A, potent anti-trypanosomal macrolide.
12月6日、第112回有機合成シンポジウム、早稲田大学国際会議場(東京)、ポスター発表
○渡邊 彰人、野口 吉彦、佐藤 翔悟、千成 恒、岩月 正人、稲橋 佑起、廣瀬 友靖、大村 智、砂塚 敏明
13) Ōmura Natural Products for Drug Discovery
11月11日、第5回Tishler-Ōmuraシンポジウム、北里大学薬学部コンベンションホール(東京)
砂塚 敏明
12) 抗マラリア活性を有するPuberulic acid類の全合成と構造活性相関研究
10月25-27日、第35回メディシナルケミストリーシンポジウム、名古屋大学豊田講堂(愛知)
○齋藤 亮、千成 恒、廣瀬 友靖、岩月 正人、石山 亜紀、穂苅 玲、乙黒 一彦、大村 智、砂塚 敏明
11) 北里微生物資源ライブラリーを基盤とした多剤耐性菌を克服する天然物創薬
9月28日、薬剤耐性(AMR)シンポジウム、日本橋ライフサイエンスハブ 会議室(東京)
砂塚 敏明
10) 抗トリパノソーマ活性を有するマングロマイシン類の単離、構造決定ならびに不斉全合成
9月20-22日、第59回天然有機化合物討論会、わくわくホリデーホール(北海道•札幌市民ホール)
○廣瀬 友靖、中島 琢自、高田 拓和、岩月 正人、山田 健、落合 純也、神谷 義之、石原 拓真、長井 賢一郎、松本 厚子、石山 亜紀、乙黒 一彦、塩見 和朗、高橋 洋子、砂塚 敏明、大村 智
9) 大村天然化合物を基盤とした創薬展開
8月11-12日、第22回日本病態プロテアーゼ学会学術集会、千里ライフサイエンスセンター(大阪市豊中市)、招待講演
砂塚敏明
8) 大村天然物の可能性を引き出す創薬研究
砂塚敏明
7) 大村天然物の可能性を引き出す有機合成の醍醐味
5月27日、有機合成化学協会東北支部 春の講演会、仙台(東北大学)、招待講演
砂塚敏明
6) 微生物由来天然物をリード化合物とする創薬の方向性
砂塚敏明
5) アゾキシ天然物 Jietacin のバイオイソスターを考慮した類縁体の合成
3月27日、日本薬学会第137年会、仙台(東北大学)、ポスター発表
○菅原章公、久保雅彦、廣瀬友靖、矢作恭一、Claudia WELZ、Cristina MERTENS、Johannes KOBBERLING、中島琢自、高橋洋子、大村 智、砂塚敏明
4) 嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究 ;三置換オレフィンを含むサザンパートの合成
3月27日、日本薬学会第137年会、仙台(東北大学)、口頭発表
○安藤 博康、菅原章公、廣瀬友靖、大原基義、君嶋 葵、高田拓和、大村 智、砂塚敏明
3) 抗トリパノソーマ活性を有するMangromicin Aの全合成と絶対立体構造の決定
3月27日、日本薬学会第137年会、仙台(東北大学)、口頭発表
○高田拓和、山田 健、廣瀬友靖、石原拓真、中島琢自、高橋洋子、大村 智、砂塚敏明
学生優秀発表賞
2) 抗トリパノソーマ活性を有する Actinoallolide A の全合成研究
3月27日、日本薬学会第137年会、仙台(東北大学)、口頭発表
○渡邊 彰人、野口吉彦、廣瀬友靖、佐藤翔悟、千成 恒、岩月正人、稲橋佑起大村 智、砂塚 敏明
1) コンビナトリアルライブラリーの構築を指向したエバーメクチン類の全合成研究 ; ファーマコフォアフラグメントの合成
3月27日、日本薬学会第137年会、仙台(東北大学)、口頭発表
○千成 恒、廣瀬友靖、増井 悠、高橋孝志、大村 智、砂塚敏明

2016年

25) 薬作りへの有機分子触媒の活用
11月14-16日、第6回CSJ化学フェスタ2016、東京(タワーホール船堀)、招待講演
○砂塚敏明、山田 健、廣瀬友靖、大村 智
24) 有機分子触媒を用いたイソシアニドとアルデヒドのα-付加反応
11月10-11日、第110回有機合成シンポジウム2016年【秋】、東京(早稲田大学国際会議場)、ポスター発表
◯山田 健、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
23) 顧みられない熱帯病、トリパノソーマ症に有効なマングロマイシン類の全合成研究
11月10-11日、第110回有機合成シンポジウム2016年【秋】、東京(早稲田大学国際会議場)、口頭発表
◯高田拓和、山田健、廣瀬友靖、石原拓真、中島琢自、高橋洋子、大村智、砂塚敏明
22) A practical utilization of a macrolide scaffold as a drug template
9月20日、大村智名誉博士授予仪式、中国(上海交通大学)、招待講演
菅原章公
21) 北里発の微生物由来天然物の合成と創薬展開
砂塚敏明
20) 大村天然物の可能性を引き出す有機合成化学の醍醐味
8月30-31日、有機合成夏期セミナー「明日の有機合成化学」、大阪(大阪科学技術センター)、招待講演
砂塚敏明
19) Microbial Natural Products as Splendid Gifts for Drug Discovery for Human, Animal and Agriculture
8/10-11, "The 71th Annual Academic Congress of Korean Association of Biological Sciences" Samyuk University, Korea. Invited Lecture
Toshiaki Sunazuka
18) Synthetic Strategy for Construction of Unique Polycyclic Natural Products
7/31-8/5, Natural Products & Bioactive Compounds Gordon Research Conference, Proctor Academy Andover, NH, US. Invited Lecture
Toshiaki Sunazuka
17) 日本発のマクロライドの新作用と創薬展開
6月25日 日本マイコプラズマ学会 第43回学術集会 モーニングセミナー、長崎(長崎県医師会館)、招待講演
砂塚敏明
16) 北里発の天然物合成研究
6月11日、有機合成化学協会東海支部 有機合成セミナー、静岡(静岡県立大学)、招待講演
砂塚敏明
15) 抗嫌気性菌活性を有するLuminamicinの全合成研究
6月8-9日、第109回有機合成シンポジウム、東京(東京工業大学大岡山キャンパス)、ポスター発表
◯安藤博康、君嶋 葵、高田拓和、諸留圭介、松丸尊紀、菅原章公、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
ポスター発表賞受賞
14) 抗トリパノソーマ活性を有するActinoallolide Aの全合成研究
6月8-9日、第109回有機合成シンポジウム、東京(東京工業大学大岡山キャンパス)、ポスター発表
◯渡邊彰人、大下 純、野口吉彦、及川大揮、岩月正人、稲橋佑起、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
13) Utilization of in situ click chemistry to discover novel chitin’s inhibitors
Tomoyasu Hirose, Nobuo Maita, Takeshi Watanabe, Hisaaki Taniguchi, K. Barry Sharpless, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
12) In the Harmony between Natural Products and Organic Synthesis
5/15-18, 25th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry (FJS 2016), Keio Plaza Hotel Tama, Japan, Invited lecture
Toshiaki Sunazuka
11) 特徴的な構造を有する微生物由来生物活性天然物の全合成
5月7日、第4回 慶應有機化学若手シンポジウム、神奈川(慶應義塾大学矢上キャンパス)、招待講演
山田 健
10) 抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究 酸素架橋含有シスデカリン-10員環ラクトンの構築
3月29日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
◯君嶋 葵、安藤博康、諸留圭介、松丸尊紀、菅原章公、廣瀬友靖、大村 智、砂塚 敏明
9) 抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究 共役エノールエーテル含有14員環マクロラクトンの構築
3月29日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
◯安藤博康、君嶋 葵、高田拓和、諸留圭介、松丸尊紀、菅原章公、廣瀬友靖、大村 智、砂塚 敏明
8) 抗トリパノソーマ活性を有する新規マクロライド、Actinoallolide類の全合成研究
3月29日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
◯渡邊彰人、大下 純、野口吉彦、及川大輝、廣瀬友靖、稲橋正人、稲橋佑起、大村 智、砂塚敏明
7) 抗トリパノソーマ活性を有するMangromicin類の全合成研究
3月29日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
◯高田拓和、山田 健、廣瀬友靖、中島琢自、高橋洋子、大村 智、砂塚 敏明
学生優秀発表賞
6) 抗炎症作用を有する12員環マクロライドの創製と標的タンパク質の探索
3月29日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
◯菅原章公、廣瀬友靖、坂本 聡、半田 宏、大村 智、砂塚 敏明
5) 10-Deacetylbaccatin III の触媒的位置選択的アシル化
3月29日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
柳 正致、○二宮 良、上田善弘、山田 健、砂塚敏明、川端 猛夫
4) In situ click chemistryを利用したD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の探索研究
3月29日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
○戸口翔平、廣瀬友靖、頼田和子、福井 清、Sharpless K. BARRY、大村 智、砂塚敏明
3) 抗マラリア活性を有するPuberulic acid類の多様性指向型合成と構造活性相関研究
3月29日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
○千成 恒、廣瀬友靖、岩月正人、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明
学生優秀発表賞
2) 有機分子触媒を用いた有用天然物Avermectin B2aの位置選択的アシル化
3月28日、日本薬学会第136年会、横浜(パシフィコ横浜)、ポスター発表
○山田 健、鈴木 航、廣瀬友靖、穂坂美聡、古田 巧、上田善弘、川端猛夫、大村 智、砂塚 敏明
1) 抗炎症作用を有する新規12員環マクロライドの創製と標的タンパク質の探索
菅原章公

2015年

32) Development of organocatalyst and its application toward the synthesis of bioactive natural product
12/15-20, pacifichem 2015, Honolulu, Hawaii, US, Invited lecture
Takeshi Yamada; Tomoyasu Hirose; Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
31) Isolation and total synthesis of microbial natural products
12/15-20, pacifichem 2015, Honolulu, Hawaii, US, Invited lecture
Toshiaki Sunazuka; Tomoyasu Hirose and Satoshi Ōmura
30) Drug discovery based on microbial bioactive natural products
12/15-20, pacifichem 2015, Honolulu, Hawaii, US, Invited lecture
Toshiaki Sunazuka and Satoshi Ōmura
29) 抗寄生虫活性を有するアゾキシ天然物の創薬展開 〜培養、単離、全合成、誘導体合成および生物活性試〜
11月25-26日 第33回 メディシナルケミストリーシンポジウム、千葉(幕張国際研究センター)、ポスター発表
◯菅原章公、久保雅彦、廣瀬友靖、矢作恭一、Claudia Welz、Cristina Mertens、Johannes Köbberling、中島琢自、高橋洋子、大村 智、砂塚敏明
28) 特異な多環式含窒素生物活性天然物の分子骨格構築法の開発と全合成
砂塚 敏明
27) Total Synthesis of Indole Alkaloids Containing an Indoline Spiroaminal Framework.
11/9-13, IKCOC-13, Rihga Royal Hotel KYOTO, Kyoto, Japan, Oral
Takeshi. Yamada; Tetsuya, Ideguchi; Tomoyasu Hirose; Tatsuya Shirahata; Rei Hokari; Aki Ishiyama; Masato Iwatsuki; Akihiro Sugawara; Yoshinori Kobayashi; Kazuhiko Otoguro; Satoshi, Ōmura and Toshiaki, Sunazuka
26) 抗マラリア活性を有するPuberulic acidの多様性指向型合成と構造活性相関研究
10月26-27日 第41回 反応と合成の進歩シンポジウム、大阪(近畿大学)、ポスター発表
○千成 恒、廣瀬友靖、岩月正人、石山亜紀、乙黒一彦、大村智、砂塚敏明
25) 天然有機化合物を基盤とした新規抗感染症薬の創薬研究
砂塚敏明
24) Title
10/17, Symposium in Honor of Professor Amos B. Smith, III; The Recipient of the 2015 Allan R. Day Award, University of Pennsylvania, Philadelphia, US. Invited lecture
Toshiaki Sunazuka
23) Determination of absolute stereochemistry and toward the total synthesis of actinoallolides, new anti-trypanosomal macrolides, produced by an endophytic actinomycete
10/13-16, ICCA-14, Galveston Island, Texas, USA, Poster
T. Hirose, J. Oshita, D. Oikawa, Y. Inahashi, M. Iwatsuki, A. Matsumoto, S. Ōmura and T. Sunazuka
22) A concise total synthesis of puberulic acid, potent antimalarial agent
10/13-16, ICCA-14, Galveston Island, Texas, USA, Poster
G. Sennari, T. Hirose, M. Iwatsuki, S. Ōmura and T. Sunazuka
21) 抗トリパノソーマ活性を有するActinoallolide Aの全合成研究
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○渡邊彰人、大下 純、野口吉彦、及川大輝、岩月正人、稲橋佑起、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
20) C2対称ジラクトン骨格を基盤とした三次元構造多様性指向型マクロライドライブラリーの構築
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○菅原章公、中野隼人、廣瀬友靖、合田浩明、大村 智、砂塚敏明
19) 殺線虫活性を有するJietacin類の培養,単離,全合成
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○矢作恭一、久保雅彦、菅原章公、廣瀬友靖、中島琢自、角田紀明、高橋洋子、大村 智、砂塚敏明
18) 動物用抗感染症薬を目指したTylosin誘導体の合成研究
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○澁沢 翔、菅原章公、丸山ひとみ、大熊惇生、松井秀仁、花木秀明、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
17) 抗マラリア活性を有するPuberulic acidの多様性指向型合成と構造活性相関研究
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○千成 恒、廣瀬友靖、岩月正人、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明
ポスター学生優秀発表賞
16) 抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○君嶋 葵、高田拓和、菅原章公、安藤博康、諸留圭介、松丸尊紀、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
15) 特異な三環性骨格を有するマングロマイシン類の全合成研究
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○高田拓和、山田 健、廣瀬友靖、中島琢自、高橋洋子、大村 智、砂塚敏明
ポスター学生優秀発表賞

14) 抗寄生虫薬Ivermectinのスピロケタール部改変アナログの合成と抗線虫活性
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○鈴木 航、山田 健、堀松優樹、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
13) 抗MRSA、抗VRE活性を有するBottromycin A2の全合成とチアゾール部変換アナログの合成
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○八木田美有、山田 健、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
12) インドリンスピロアミナール骨格を有する天然物の全合成と生物活性
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
○山田 健、井手口哲也、廣瀬友靖、白畑辰弥、穂刈 怜、石山亜紀、岩月正人、菅原章公、小林義典、乙黒和彦、大村 智、砂塚敏明
11) In situ click chemistryを利用したD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の探索研究
9月26日 AKPS集会第9回北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、口頭発表
○戸口翔平、廣瀬友靖、頼田和子、福井 清、大村 智、砂塚敏明
口頭学生優秀発表賞
10) 抗トリパノソーマ活性を有するActinoallolide Aの全合成研究
9月12日 第59回 日本薬学会 関東支部大会、千葉(日本大学船橋キャンパス)、口頭発表
○渡邊彰人、大下 純、野口吉彦、及川大輝、岩月正人、稲橋佑起、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
9) 抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究
9月9-11日 第57回 天然有機化合物討論会、横浜(神奈川県民ホール)、口頭発表
○君嶋 葵、高田拓和、菅原章公、安藤博康、諸留圭介、松丸尊紀、山田 健、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
8) Total Synthesis of Novel Polycyclic Biological Active Indole Alkaloids.
9/8, The 6th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists, Akiu Resort Hotel Crescent, Sendai, Invited lecture
Toshiaki Sunazuka
7) 天然有機化合物の魅力を引き出す有機合成化学の醍醐味
7月7日 日本化学会関東支部群馬地区講演会、群馬(群馬大学)、招待講演
砂塚敏明
6) Total synthesis of unique polycyclic bioactive indole alkaloids
6/18, 16th Tetrahedron Symposium, Grand Hyatt Berlin, Germany, Invited lecture
Toshiaki Sunazuka
5) インドリンスピロアミナール骨格を有するNeoxaline類の効率的な全合成
3月25-28日 日本薬学会 第135年会、神戸、口頭発表
○井手口哲也、山田 健、白畑辰弥、廣瀬友靖、菅原章公、小林義典、大村 智、砂塚敏明
4) 抗トリパノソーマ活性を有する新規天然物Actinoallolide Aの全合成研究
3月25-28日 日本薬学会 第135年会、神戸、口頭発表
○大下 純、及川大輝、廣瀬友靖、稲橋佑起、岩月正人、大村 智、砂塚敏明
4) 抗嫌気性菌活性を有するLuminamicinの合成研究
3月25-28日 日本薬学会 第135年会、神戸、口頭発表
○君嶋 葵、諸留圭介、高田拓和、松丸尊紀、菅原章公、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
2) 創薬展開を志向したBottromycin A2の構造活性相関研究
3月25-28日 日本薬学会 第135年会、神戸、口頭発表
○八木田美有、小林 豊、山田 健、堀松優樹、廣瀬友靖、花木秀明、大村 智、砂塚敏明
1) 有機分子触媒を用いたイソシアニドとアルデヒドのα-付加反応
3月25-28日 日本薬学会 第135年会、神戸、ポスター発表
○山田 健、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明

2014年

23) Practical synthesis of bioactive natural products using organocatalysts
11月21-22日 第2回 国際会議(兼)第7回 有機触媒シンポジウム、東京(東京大学)、招待講演
砂塚敏明
22) Chemoselective Functionalization of Bioactive Polyol Natural Products using Organocatalyst
11月21-22日 第2回 国際会議(兼)第7回 有機触媒シンポジウム、東京(東京大学)、ポスター発表
○山田 健、廣瀬友靖、鈴木 航、穂坂美聡、古田 巧、川端猛夫、大村 智、砂塚敏明
21) Concise Asymmetric Total Synthesis of Neoxaline Family
11月21-22日 第2回 国際会議(兼)第7回 有機触媒シンポジウム、東京(東京大学)、ポスター発表
◯井手口哲也、山田 健、
Best Poster Prize
20) クリックケミストリーにより広がる天然有機化合物の活用
廣瀬友靖
19) 天然有機化合物を基盤とした新しい創薬研究
11月6-7日 第29回 農薬デザイン研究会、熱海(ホテルニューアカオ)、招待講演
砂塚敏明
18) Utilization of in situ click chemistryto discover novel chitinase inhibitors.
10/11, Special Symposium to Celebrate Professor Smith’s 70th Birthday, Shizuoka, Yugawara Training Institute, Invited lecture
Tomoyasu Hirose
17) 構造活性相関研究を志向したBottromycin A2類の合成
10月4日 第58回 日本薬学会関東支部大会、東京(昭和薬科大学)、口頭発表
○八木田美有、山田 健、堀松優樹、小林 豊、千成 恒、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
16) 抗トリパノソーマ活性を有する新規天然物Actinoallolide Aの全合成
10月4日 第58回 日本薬学会関東支部大会、東京(昭和薬科大学)、口頭発表
○及川大揮、大下 純、廣瀬友靖、稲橋佑起、岩月正人、大村 智、砂塚敏明
15) In situクリックケミストリーを利用した高活性キチナーゼ阻害剤の探索研究
9月24-26日 日本応用糖質科学会平成26年度大会 (第63回)・応用糖質科学シンポジウム、新潟(朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター)、招待講演
廣瀬友靖
14) 微生物由来天然物の全合成と有機分子触媒を用いた選択的化学変換
9月6-7日 第3回 有機分子触媒 若手セミナー、福岡(玄海ロイヤルホテル)、招待講演
山田 健
13) キチナーゼ阻害剤探索: in situクリックケミストリーと酵素鋳型効果
8月21日 第17回北里微生物アカデミー研究集会、神奈川(北里大学)、口頭発表
○廣瀬友靖、真板宣夫、合田浩明、小関 準、山本 剛、菅原章公、中野洋文、広野修一、塩見和朗、渡邉剛志、谷口寿章、K. Barry Sharpless、大村 智、砂塚敏明
12) 殺線虫活性を有するJietacin類の単離および全合成
8月21日 第17回北里微生物アカデミー研究集会、神奈川(北里大学)、口頭発表
○久保雅彦、菅原章公、廣瀬友靖、角田紀明、中島琢自、矢作恭一、高橋洋子、大村 智、砂塚敏明
11) 創薬のための天然物化学と有機合成化学の連携
7月2-4日 第49回 天然物化学談話会、倉敷(せとうち児島ホテル)、招待講演
砂塚敏明
10) 多環式含窒素生物活性天然物の効率的な分子骨格構築法の開発と全合成
6月27日 第9回 有機合成化学のフロンティア、埼玉(理化学研究所、鈴木梅太郎ホール)、招待講演
砂塚敏明
9) 有機分子触媒を用いたイソシアニドとアルデヒドのα-付加反応
○山田 健、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
8) 標的酵素誘導型トリアゾール化を利用した天然物創薬研究
6月13日 第15回 酵素応用シンポジウム、名古屋(天野エンザイム株式会社、慈善堂ホール)、研究奨励賞受賞講演
廣瀬友靖
7) インドリンスピロアミナール骨格を有するNeoxaline類の全合成
6月10-11日 第105回 有機合成シンポジウム2014年【春】、東京(東京工業大学)、口頭発表
○井手口哲也、山田 健、白畑辰弥、廣瀬友靖、菅原章公、小林義典、大村 智、砂塚敏明
6) Harmonization between natural products and organic synthesis for drug discovery
6/2-3, International Conference on Advances in Engineering, Technology and science 2014, Beijing, China, Invited lecture
Toshiaki Sunazuka
5) 抗炎症作用に特化した新規12員環マクロライドEM900の創製と半田ビーズを利用した標的タンパク質の探索
菅原章公
4) 抗マラリア活性を有するPuberulic acid類の多様性指向型合成
3月29日 日本薬学会 第134年会、熊本(熊本大学)、口頭発表
○千成 恒、廣瀬友靖、岩月正人、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明
優秀発表賞 受賞
3) 殺線虫活性を有するJietacin類の培養、単離、全合成
3月29日 日本薬学会 第134年会、熊本(熊本大学)、口頭発表
○久保雅彦、菅原章公、廣瀬友靖、角田紀明、高橋洋子、中島琢自、大村 智、砂塚敏明
優秀発表賞 受賞
2) Isolation and total synthesis of novel polycyclic biologically active indole alkaloids
1/10, University of Pennsylvenia, United States, Invited lecture
Toshiaki Sunazuka
1) Isolation and total synthesis of novel polycyclic biologically active indole alkaloids
Toshiaki Sunazuka

2013年

52) 天然物を基盤としたin situ click chemistry
12月21日 有機合成ミニシンポジウム、東京(北里大学)、招待講演
廣瀬友靖
51) 天然物を基盤としたin situ click chemistry
12月7日 2013年 東日本スクリプス会、東京(ゆうぽうと五反田)、招待講演
廣瀬友靖
50) 抗マラリア活性を有するPuberulic acidの多様性指向型全合成
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、口頭発表
○千成 恒、廣瀬友靖、岩月正人、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明
49) 有機分子触媒を用いた生物活性天然物の位置選択的アシル化
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○山田 健、廣瀬友靖、古田 巧、川端猛夫、大村 智、砂塚敏明
48) 疎水性タグを利用したVerticilideの全合成
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○佐竹雄大、山田 健、廣瀬友靖、塩見和朗、大村 智、砂塚敏明
47) 線虫活性を有するJietacins A及びBの全合成
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○久保雅彦、菅原章公、廣瀬友靖、角田紀明、大村 智、砂塚敏明
46) クリックケミストリーを用いたタイロシンC-9 オキシム誘導体の合成と抗マラリア活性評価
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○丸山ひとみ、廣瀬友靖、筒井 歩、石山亜紀、岩月正人、松井秀仁、乙黒一彦、花木秀明、大村 智、砂塚敏明
45) In situ click chemistry誘導型キチナーゼ阻害剤をリードとする高活性誘導体の創製
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○荒内陽斗、廣瀬友靖、林 香里、真板宣夫、山本 剛、菅原章公、谷口寿章、塩見和郎、中野洋文、渡邉剛志、大村 智、砂塚敏明
44) 抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究;11-oxatricyclo[5.3.1.1,703,8]undecane骨格の構築
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○君嶋 葵、菅原章公、廣瀬友靖、高田拓和、松丸尊紀、大村 智、砂塚敏明
43) 抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究;共役無水マレイン酸含有14 員環マクロライドの合成法の確立
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○高田拓和、菅原章公、廣瀬友靖、君嶋 葵、松丸尊紀、戸田正輝、山田 健、大村 智、砂塚敏明
42) マクロライド骨格をテンプレートとした新規キチナーゼ阻害剤の創製
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○菅原章公、真板宣夫、廣瀬友靖、山本 剛、合田浩明、木村紗穂莉、斉藤佳史、笠井尚子、中野洋文、塩見和朗、広野修一、渡邉剛志、谷口寿章、大村 智、砂塚敏明
41) 銅(I)触媒によるトリアゾール形成抑制効果を指標とした新規キチナーゼ阻害剤の創製研究
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○戸口翔平、廣瀬友靖、笠井尚子、菅原章公、山本 剛、渡邉剛志、塩見和朗、大村 智、砂塚敏明
40) Bottromycin A2を模倣した新規抗MRSA・抗VRE薬の創製研究
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○堀松優樹、山田 健、小林 豊、井手口哲也、千成 恒、廣瀬友靖、松井秀仁、花木秀明、合田浩明、小林義典、広野修一、大村 智、砂塚敏明
39) インドリンスピロアミナール骨格を有するネオキサリンの全合成
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○井手口哲也、山田 健、白畑辰弥、廣瀬友靖、菅原章公、小林義典、大村 智、砂塚敏明
38) 非天然型マクロライド骨格を基盤とした創薬リード探索用ライブラリーの開発研究
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○中野隼人、菅原章公、廣瀬友靖、松井秀仁、花木秀明、大村 智、砂塚敏明
37) ピルビン酸脱水素酵素キナーゼ4(PDK4)阻害剤の創製研究
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○杉田悠貴、廣瀬友靖、山地賢三郎、山根一彦、木戸 博、中野洋文、大村 智、砂塚敏明
36) 抗トリパノソーマ活性を有するActinoallolide類の全合成研究 (1)
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○大下 純、及川大揮、廣瀬友靖、稲橋佑起、岩月正人、石山亜紀、松本厚子、高橋洋子、Watanalai Panbangred、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明
35) 抗トリパノソーマ活性を有するActinoallolide類の全合成研究 (2)
12月14日 AKPS集会第8回北里化学シンポジウム、神奈川(北里大学)、ポスター発表
○及川大揮、大下 純、廣瀬友靖、稲橋佑起、岩月正人、石山亜紀、松本厚子、高橋洋子、Watanalai Panbangred、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明
34) Design, synthesis, biological activity, and x-ray crystallographic analysis of chitinase inhibitors with a 14-membered macrolide scaffold
Akihiro Sugawara, Nobuo Maita, Tomoyasu Hirose, Hiroaki Gouda, Saori Kimura, Yoshifumi Saito, Tsuyoshi Yamamoto, Takeshi Watanabe, Kazuro Shiomi, Hirofumi Nakano, Shuichi Hirono, Toshiaki Taniguchi, Satoshi Ōmura, Toshiaki Sunazuka
33) 線虫活性を有するJietacins A及びBの全合成
10月26日 第57回 日本薬学会関東支部大会、東京(帝京大学板橋キャンパス)、口頭発表
○久保雅彦、菅原章公、廣瀬友靖、角田紀明、大村 智、砂塚敏明
優秀発表賞 受賞
32) ピルビン酸脱水素酵素キナーゼ4阻害剤の創製研究
10月26日 第57回 日本薬学会関東支部大会、東京(帝京大学板橋キャンパス)、口頭発表
○杉田悠貴、廣瀬友靖、山地賢三郎、山根一彦、木戸 博、中野洋文、大村 智、砂塚敏明
31) Discovery of Afidopyropen, a New Insecticide
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Kimihiko Goto, Ryo Horikoshi, Toshiaki Sunazuka and Satoshi Ōmura
30) Asymmetric Total Synthesis of Neoxaline
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Tetsuya Ideguchi, Takeshi Yamada, Tatsuya Shirahata, Tomoyasu Hirose, Akihiro Sugawara, Yoshinori Kobayashi, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
29) Development of a novel and diverse macrolide library based on a custom-designed template
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Hayato Nakano, Akihiro Sugawara, Tomoyasu Hirose, Hidehito Matsui, Hideaki Hanaki, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
28) Antimalarial 16-membered macrolides derived from a tylosin skeleton using Click Chemistry
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Hitomi Maruyama, Tomoyasu Hirose, Ayumi Tsutsui, Aki Ishiyama, Masato Iwatsuki, Hidehito Matsui, Kazuhiko Otoguro, Hideaki Hanaki, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
27) Discovery of novel chitinase inhibitor via regulation of Cu(I)-catalyzed triazole formation
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Shohei Toguchi, Tomoyasu Hirose, Takako Kasai, Akihiro Sugawara, Tsuyoshi Yamamoto, Takeshi Watanabe, Kazuro Shiomi, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
26) Synthesis and bioactivity of Vitamin K3 analogs: Pyruvate Dehydrogenase Kinase-4 (PDK4) inhibitors
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Yuki Sugita, Tomoyasu Hirose, Kenzaburo Yamaji, Kazuhiko Yamane, Hiroshi Kido, Hirofumi Nakano, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
25) Efficient total synthesis of Jietacin A and B
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Masahiko Kubo, Akihiro Sugawara, Tomoyasu Hirose, Noriaki Tsunoda, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
24) Total synthesis of Puberulic Acid, a potent antimalarial
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Goh Sennari, Tomoyasu Hirose, Masato Iwatsuki, Aki Ishiyama, Kazuhiko Otoguro, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
23) Toward the total synthesis of Luminamicin; construction of 14-membered macrolide with enol ether conjugated with a maleic anhydride
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Hirokazu Takada, Akihiro Sugawara, Tomoyasu Hirose, Aoi Kimishima, Takanori Matsumaru, Masaki Toda, Takeshi Yamada, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
22) Toward the total synthesis of Luminamicin; construction of 11–oxatricyclo[5.3.1. 1,703,8]undecane skeleton
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Aoi Kimishima, Akihiro Sugawara, Tomoyasu Hirose, Hirokazu Takada, Takanori Matsumaru, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
21) Actinoallolide A-E; novel antitrypanosomal macrolides produced by a rare endophytic actinomycete, Actinoallomurus sp. MK10-036
9/24-27, ICCA-13, Yamanashi, Fuji-View Hotel, Poster
Masato Iwatsuki, Yuki Inahashi, Aki Ishiyama, Atsuko Matsumoto, Jun Oshita, Tomoyasu Hirose, Toshiaki Sunazuka, Watanalai Panbangred, Yoko Takahashi, Kazuhiko Otoguro and Satoshi Ōmura
20) マクロライド骨格をテンプレートとした新規キチナーゼ阻害剤の創製
9月18-20日 第55回天然有機化合物討論会、京都(同志社大学寒梅館)、口頭発表
○菅原章公、真板宣夫、廣瀬友靖、合田浩明、木村紗穂莉、斉藤佳史、井上 浄、山本 剛、渡邉剛志、塩見和朗、中野洋文、広野修一、谷口寿章、大村 智、砂塚敏明
19) 創薬テンプレートとしてのマクロライドの展開
菅原章公
18) Toward The Total Synthesis Of Luminamicin, A Specific Anti-Anaerobic Bacteriacide
7/13-18, American Society of Pharmacognosy 2013 Annual Meeting, United States, St. Louis, Oral presentation
Akihiro Sugawara, Aoi Kimishima, Hirokazu Takada, Tomoyasu Hirose, Takanori Matsumaru, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka
17) マクロライド骨格をテンプレートとした新規キチナーゼ阻害剤の創製
6月19-21日 日本ケミカルバイオロジー学会 第8回年会、東京(東京医科歯科大学)、口頭発表
○菅原章公、真板宣夫、廣瀬友靖、木村紗穂莉、斉藤佳史、井上 浄、山本 剛、渡邉剛志、塩見和朗、中野洋文、谷口寿章、大村 智、砂塚敏明
16) Total synthesis of novel polycyclic bioactive indole alkaloids
6/16-21, Gordon Research Conference 2013, Newport, United States, Invited lecture
Toshiaki Sunazuka
15) 半田ビーズを利用した新規マクロライドの抗炎症作用の作用機序解明と創薬リードの創製
○菅原章公、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
14) Practical synthesis of bioactive natural products by organocatalysts
5月27-28日 第1回 国際会議 (兼) 第6回 有機触媒シンポジウム、滋賀(大津グランドホテル)、招待講演
砂塚敏明
13) インドリンスピロアミナール骨格を有するNeoxalineの全合成
5月24-25日 第11回次世代を担う有機合成シンポジウム、東京(日本薬学会長井記念ホール)、口頭発表
○井手口哲也、山田 健、白畑辰弥、廣瀬友靖、菅原章公、小林義典、大村 智、砂塚敏明
12) In situ click chemistry誘導型キチナーゼ阻害剤をリードとする高活性誘導体の創製
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、ポスター発表
◯廣瀬友靖,、林 香里、 真板宣夫、 山本 剛、 菅原章公、 谷口寿章、 塩見和朗、 中野洋文、渡邉剛志、大村 智、砂塚敏明
11) インドリンスピロアミナール骨格を有するent-Neoxalineの全合成
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
◯井手口哲也、山田 健、白畑辰弥、廣瀬友靖、菅原章公、小林義典、大村 智、砂塚敏明
10) ビニルアゾキシ基を有する殺線虫活性物質Jietacin Aの全合成
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、ポスター発表
○角田紀明、菅原章公、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明
9) 標的酵素キチナーゼ依存トリアゾール形成抑制効果を指標とした高活性阻害剤の創製研究
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
○笠井尚子、廣瀬友靖、菅原章公、山本 剛、渡邉剛志、塩見和朗、大村 智、砂塚敏明
8) クリックケミストリーを用いたタイロシンC-9オキシム誘導体の合成と抗マラリア活性評価
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、ポスター発表
◯丸山ひとみ、廣瀬友靖、筒井 歩、石山亜紀、岩月正人、松井秀仁、乙黒一彦、花木秀明、大村 智、砂塚敏明
7) Luminamicinの全合成研究(2);11–oxatricyclo[5.3.1.1,703,8]undecane骨格の構築
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
○君嶋 葵、菅原章公、廣瀬友靖、高田拓和、松丸尊紀、戸田正輝、大村 智、砂塚敏明
6) Luminamicinの全合成研究 (1);共役無水マレイン酸含有14員環マクロライドの合成法の確立
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
○高田拓和、菅原章公、廣瀬友靖、君嶋 葵、松丸尊紀、戸田正輝、大村 智、砂塚敏明
優秀発表賞 受賞
5) 抗MRSA,VRE活性を有するBottromycin 類の効率的全合成研究
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、ポスター発表
○山田 健、小林 豊、千成 恒、井手口哲也、廣瀬友靖、合田浩明、広野修一、大村 智、砂塚敏明
4) フタロシン経路阻害剤Aseanostatin P5 の全合成と構造活性相関研究
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、ポスター発表
○杉田悠貴、廣瀬友靖、風間祥文、山地賢三郎、松井秀仁、中野洋文、花木秀明、大村 智、砂塚敏明
3) マクロライド骨格をテンプレートとした新規キチナーゼ阻害剤の創製
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、ポスター発表
○菅原章公、真板宣夫、廣瀬友靖、木村紗穂莉、斉藤佳史、山本 剛、渡邉剛志、塩見和朗、中野洋文、谷口寿章、大村 智、砂塚敏明
2) 抗マラリア薬創製を指向したPuberulic acid類の全合成研究
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、ポスター発表
○千成 恒、廣瀬友靖、岩月正人、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明
1) マクロライド骨格を基盤とした創薬リード探索用ライブラリーの開発研究
3月28-30日 日本薬学会 第133年会、横浜(パシフィコ横浜)、口頭発表
○中野隼人、 廣瀬友靖、 相澤 峻、 菅原章公、 大村 智、 砂塚敏明

2012年


21) 11月16日 若手研究者セミナー、東京(東京理科大学)、招待講演
タイトル;インドリンスピロアミナール骨格を有するネオキサリンの全合成
山田 健

20) 11/12-16, IKCOC-12, Kyoto, Rihga Royal Hotel Kyoto, Poster
Title; First Asymmetric Total Synthesis of (+)-Neoxaline
Tetsuya Ideguchi, Takeshi Yamada, Tatsuya Shirahata, Tomoyasu Hirose, Akihiro Sugawara, Yoshinori Kobayashi, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka

19) 11/9, 2nd Mahidol University - Kitasato University Joint Symposium ~Natural Products and Biodiversity~, Tokyo, Kitasato University, Oral presentation
Title; Novel 12-membered non-antibiotic macrolides: EM900 series as novel leads for anti-inflammatory and/or immunomodulatory agents
Akihiro Sugawara, Akito Sueki, Tomoyasu Hirose, Kiyoko S. Akagawa, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka

18) 10月27日 第5回 有機触媒シンポジウム、東京(学習院大学)、ポスター発表
タイトル;有機分子触媒を用いた有用マクロライド天然物の位置選択的アシル化
○山田 健、廣瀬友靖、古田 巧、川端猛夫、大村 智、砂塚敏明

17) 10月13日 第56回 日本薬学会関東支部大会、東京(昭和大学)、口頭発表
タイトル;ビニルアゾキシ基を有する微生物活性物質Jietacin類の全合成
○角田紀明、菅原章公、廣瀬友靖、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明 

16) 9月20日 第54回 天然有機化合物討論会、東京(東京農業大学)、口頭発表
タイトル;インドリンスピロアミナール骨格を有するネオキサリン類の全合成研究
○山田 健、井手口哲也、白畑辰弥、廣瀬友靖、菅原章公、小林義典、大村 智、砂塚敏明

15) 8月2日 第15回 北里微生物アカデミー、東京(北里大学薬学部)、口頭発表
タイトル;Bottromycin A2の全合成と誘導体合成研究
○小林 豊、市岡真季、廣瀬友靖、山田 健、長井賢一郎、合田浩明、島村寛章、花木秀明、広野修一、大村 智、砂塚敏明 

14) 8月2日 第15回 北里微生物アカデミー、東京(北里大学薬学部)、口頭発表
タイトル;酵素標的キチナーゼ依存トリアゾール形成抑制効果を指標とした高活性阻害剤の探索研究
○笠井尚子、廣瀬友靖、菅原章公、山本 剛、真板宣夫、谷口寿章、渡辺剛志、中野洋文、塩見和朗、K. B. Sharpless、大村 智、砂塚敏明 

13) 6/19, 瀋陽薬科大学講演会, China, 瀋陽薬科大学
Title; Utilization of in situ click chemistry to discover novel chitinase inhibitors
Tomoyasu Hirose

12) 5月11-12日 第10回 次世代を担う有機化学シンポジウム、大阪(大阪大学銀杏会館)、口頭発表
タイトル;Bottromycin A2の全合成と誘導体合成研究
○小林 豊、島村寛章、市岡真季、廣瀬友靖、山田 健、長井賢一郎、合田浩明、花木秀明、広野修一、大村 智、砂塚敏明

11) 4月26日 BIOtech 2012: 第11回 国際バイオテクノロジー展/技術会議、東京(東京ビッグサイト)
タイトル;微生物が造る無尽蔵の可能性を有する化合物を基盤とした創薬戦略
砂塚敏明

10) 3月30日 日本薬学会 第132年会、札幌(北海道大学)
タイトル;インドリンスピロアミナール骨格を有するNeoxaline類の全合成研究
○井手口哲也、山田 健、白畑辰弥、廣瀬友靖、菅原章公、小林義典、大村 智、砂塚敏明
優秀発表賞 受賞

9) 3月30日 日本薬学会 第132年会、札幌(北海道大学)
タイトル;新規喘息治療薬開発に有用なin silico分子設計法の確立
○若杉昌輝、合田浩明、廣瀬友靖、菅原章公、山本 剛、塩見和朗、砂塚敏明、大村 智、広野修一

8) 3月30日 日本薬学会 第132年会、札幌(北海道大学)
タイトル;抗マラリア活性を有する擬アミナールアルカロイド、(+)-ヒドロキシアパリシンの不斉全合成および絶対立体構造の決定
○野口吉彦、廣瀬友靖、古屋佑二郎、土屋竜彦、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明

7) 3月30日 日本薬学会 第132年会、札幌(北海道大学)、口頭発表
タイトル;抗MRSAおよび抗VRE活性を有する天然化合物bottromycin A2の溶液構造決定
○合田浩明、小林 豊、山田 健、井手口哲也、菅原章公、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明、広野修一 

6) 3月30日 日本薬学会 第132年会、札幌(北海道大学)、ポスター発表
タイトル;Luminamicinの全合成研究:11-oxatricyclo[5.3.1.1,703,8]undecane骨格の新規構築法の確立
○君嶋 葵、菅原章公、松丸尊紀、高田拓和、廣瀬友靖、真崎康博、大村 智、砂塚敏明 

5) 3月30日 日本薬学会 第132年会、札幌(北海道大学)、口頭発表
タイトル;ベンジル系疎水性タグを利用した親水性天然物アージフィンの液相全合成
○廣瀬友靖、笠井尚子、秋元隆史、遠藤綾子、菅原章公、長澤和夫、大村 智、砂塚敏明

4) 3月30日 日本薬学会 第132年会、札幌(北海道大学)、口頭発表
タイトル;抗MRSA活性物質Bottromycin類の固相合成研究
○小林 豊、山田 健、井手口哲也、千成 恒、廣瀬友靖、小林義典、合田浩明、広野修一、大村 智、砂塚敏明 

3) 3月30日 日本薬学会 第132年会、札幌(北海道大学)、口頭発表
タイトル;抗MRSA 活性を有するNaphthacemycin-A9の全合成
○小嶋康裕、廣瀬友靖、菅原章公、塩見和朗、花木秀明、大村 智、砂塚敏明 

2) 3月9日 有機化学セミナー(2013)、大阪(大阪市立大学)、招待講演
タイトル;抗MRSA, VRE活性を有するBottromycin類の合成
山田 健

1) 3月6日 大正製薬株式会社講演会、埼玉(さいたま市)、大正製薬(株) 総合研究所
タイトル;微生物由来生物活性天然物の全合成とクリックケミストリーを利用した創薬研究
廣瀬友靖 

2011年


42) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;新規メナキノン生合成経路を標的とした抗ヘリコバクターピロリ薬の探索
◯風間祥文、杉田悠貴、山本 剛、山地賢三郎、廣瀬友靖、野中健一、松本厚子、増間碌郎、高橋洋子、大村 智、砂塚敏明、中野洋文

41) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;Luminamicinの全合成研究:11–oxatricyclo[5.3.1.1,703,8]undecane骨格の新規構築法の確立
◯君嶋 葵、菅原章公、松丸尊紀、高田拓和、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明

40) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;疎水性タグを用いたキチナーゼ阻害剤Argifinの液相全合成
◯笠井尚子、廣瀬友靖、秋元隆史、遠藤綾子、菅原章公、長澤和夫、塩見和朗、大村 智、砂塚敏明

39) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;抗線虫活性を有するJietacin Aの全合成
◯角田紀明、菅原章公、廣瀬友靖、筒井 步、大村 智、砂塚敏明

38) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;マクロライド骨格をテンプレートとした新規キチナーゼ阻害剤の創製
◯木村紗穂莉、菅原章公、斎藤佳史、廣瀬友靖、山本 剛、合田浩明、広野修一、大村 智、砂塚敏明

37) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;細胞周期阻害作用を有するNeoxaline類の全合成研究
◯井手口哲也、山田 健、白畑辰弥、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明

36) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;ライブラリー構築を志向した新規抗MRSA活性物質Bottromycin類の合成研究
◯小林 豊、山田 健、井手口哲也、千成 恒、廣瀬友靖、大村 智、砂塚敏明

35) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、口頭発表
タイトル;抗MRSA活性を有するNaphthacemycin-A9の全合成
◯小嶋康裕、廣瀬友靖、菅原章公、塩見和朗、花木秀明、大村 智、砂塚 敏明

34) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;抗マラリア活性を有するヒドロキシアパリシンの不斉全合成及び絶対立体構造決定
○野口吉彦、廣瀬友靖、古屋佑二郎、土屋竜彦、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明

33) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;抗マラリア活性を有するボロマイシン誘導体の合成と活性評価
○筒井 歩、古屋佑二郎、廣瀬友靖、金 里瑛、増間碌郎、松本厚子、高橋洋子、石山亜紀、生田目幸、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明

32) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;Bottromycin A2を模倣した新規抗MRSA活性薬の創製
◯山田 健、井出口哲也、千成 恒、小林 豊、廣瀬友靖、松井秀仁、花木秀明、合田浩明、広野修一、大村 智、砂塚敏明

31) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;抗炎症作用に特化した新規12員環マクロライドEM900の創製と構造活性相関研究
○菅原章公,末木啓人,廣瀬友靖,赤川清子,大村 智,砂塚敏明

30) 12月22日 AKPS集会 第7回 北里化学シンポジウム、東京(北里大学)、ポスター発表
タイトル;天然物Argifinを基盤にしたin situクリックケミストリーによる新規キチナーゼ阻害剤の創製
◯廣瀬友靖、遠藤綾子、菅原章公、山本 剛、宇井英明、塩見和朗、渡邊剛志、Sharpless K. B.、大村 智、砂塚敏明

29) 11/29-12/2, AIMECS11, Tokyo, Keio plaza hotel Tokyo, Poster
Title; Enantioselective total synthesis of (+)-Hydroxyapparicine, potent antimalarial indole alkaloid
Yoshihiko Noguchi, Tomoyasu Hirose, Akihiro Sugawara, Kazuhiko Otoguro, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka

28) 11/29-12/2, AIMECS11, Tokyo, Keio plaza hotel Tokyo, Poster
Title; Synthesis of Bottromycin A2 Derivatives with Potent Anti-MRSA and Anti-VRE activities
Yutaka Kobayashi, Maki Ichioka, Tomoyasu Hirose, Hideaki Hanaki, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka

27) 11/29-12/2, AIMECS11, Tokyo, Keio plaza hotel Tokyo, Poster
Title; Novel 12-membered Non-antibiotic Macrolides; EM900 Series As Novel Leads For Anti-inflammatory And/Or Immunomodulatory Agents.
Akihiro Sugawara, Akito Sueki, Tomoyasu Hirose, Kenichiro Nagai, Hiroaki Gouda, Shuichi Hirono, Hideaki Shima, Kiyoko S. Akagawa, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazukma

26) 11月7-8日 第37回 反応と合成の進歩シンポジウム、徳島(あわぎんホール)、ポスター発表
タイトル;疎水性タグを用いたキチナーゼ阻害剤Argifinの液相全合成
○廣瀨友靖、笠井尚子、秋元隆史、遠藤綾子、菅原章公、長澤和夫、塩見和朗、大村 智、砂塚敏明

25) 11月3日 第3回 共同利用・共同研究「酵素学研究拠点」シンポジウム,徳島(徳島大学)、招待講演
タイトル;In situ クリックケミストリーを利用した生物活性天然物からの創薬研究
廣瀬友靖

24) 10月8日 第55回日本薬学会関東支部大会,千葉(東邦大学)、奨励賞受賞講演
タイトル;天然物を基にした特異的かつ強力なキチナーゼ阻害剤の創製研究
廣瀬友靖

23) 10月8日 第55回日本薬学会関東支部大会、千葉(東邦大学)、口頭発表
タイトル;疎水性タグを用いたキチナーゼ阻害剤Argifinの液相全合成
○笠井尚子、廣瀬友靖、秋元隆史、遠藤綾子、菅原章公、長澤和夫、塩見和朗、大村 智、砂塚敏明

22) 10月8日 第55回 日本薬学会関東支部大会、千葉(東邦大学)、口頭発表
タイトル;マクロライド骨格をテンプレートとした新規キチナーゼ阻害剤のデザインと合成
○木村紗穂莉、斎藤佳史、菅原章公、廣瀬友靖、合田浩明、広野修一、大村 智、砂塚敏明

21) 10月8日 第55回 日本薬学会関東支部大会、千葉(東邦大学)、口頭発表
タイトル;抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの合成研究
○君嶋 葵、松丸尊紀、戸田正輝、廣瀬友靖、菅原章公、大村 智、砂塚敏明

20) 10月3日 第3回 全国共同利用•共同研究「酵素学拠点」シンポジウム, 徳島(徳島大学)、招待講演
タイトル;In situ クリックケミストリーを利用した生物活性天然物からの創薬研究
廣瀬友靖

19) 9月17日 第4回 有機触媒シンポジウム、東京(東京理科大学)
タイトル;Type III分泌機構阻害活性を有するGuadinomine類の不斉全合成と絶対立体構造決定
○廣瀬友靖、土屋智史、森 龍真、田中利知、小嶋康裕、岩月正人、高橋洋子、大村 智、砂塚敏明 

18) 9/12-14, ICCA12, Berlin, Invited Lecture
Title; Total synthesis of novel polycyclic bioactive indole alkaloids
Toshiaki, Sunazuka

17) 9/12-14, ICCA12, Berlin, Oral presentation
Title; Novel 12-membered non-antibiotic macrolides; EM900 series as novel leads for anti-inflammatory and/or immunomodulatory agents
Akihiro Sugawara, Akito Sueki, Tomoyasu Hirose, Kenichiro Nagai, Hiroaki Gouda, Shuichi Hirono, Hideaki Shima, Kiyoko S. Akagawa, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka

16) 9/5-8, 14th Asian Chemical Congress 2011, Bangkok, Thailand, Invited lecture
Title; Total synthesis of novel polycyclic bioactive indole alkaloids
Toshiaki Sunazuka

15) 8/28-9/1, 242nd ACS National Meeting & Exposition, Denver, CO, United States, Poster
Title; Total synthesis and determination of absolute stereochemistry of apparicines, novel antimalarial indole alkaloids
Sunazuka, Toshiaki; Noguchi, Yoshihiko; Hirose, Tomoyasu; Furuya, Yujiro; Tsuchiya, Tatsuhiko; Ishiyama, Aki; Otoguro, Kazuhiko and Ōmura, Satoshi

14) 8/28-9/1, 242nd ACS National Meeting & Exposition, Denver, CO, United States, Poster
Title; Chitinase inhibitors: Extraction of the active framework from natural argifin and use of in situ click chemistry
Hirose, Tomoyasu; Sugawara, Akihiro; Endo, Ayako; Yamamoto, Tsuyoshi; Shiomi, Kazuro; Watanabe, Takeshi; Sharpless, K. B.; Ōmura, Satoshi and Sunazuka, Toshiaki

13) 8月22-23日 第24回 バイオサイエンスフォーラム、東京(北里大学)、口頭発表
タイトル;抗炎症作用に特化した新規12員環マクロライドEM900の創製と構造活性相関研究
○菅原章公、末木啓人、廣瀬友靖、赤川清子、大村 智、砂塚敏明

12) 7月15-16日 第18回マクロライド新作用研究会、東京(北里大学)
タイトル;好中球myeloperoxidase(MPO)放出阻害活性を利用した劇症型肺炎治療薬の探索による8つのARDS治療薬としての新マクロライド候補
○鈴木和夫、菅又龍一、長尾朋和、鈴木浩也、菅原章公、中山俊憲、廣瀬友靖、砂塚敏明、赤川清子、大村 智、

11) 7月15-16日 第18回マクロライド新作用研究会、東京(北里大学)
タイトル;インフルエンザ誘導性ARDSに対する治療薬候補16員環マクロライドSpiramycin
○菅又龍一、長尾朋和、鈴木和夫、鈴木浩也、中山俊憲、山本紀一、大島正道、小林和夫、廣瀬友靖、菅原章公、砂塚敏明、赤川清子、大村 智

10) 7月15-16日 第18回マクロライド新作用研究会、東京(北里大学)
タイトル;実験的ブレオマイシン肺線維症に対するEM900の効果の検討
○林 宏紀、松田久仁子、阿部信二、弦間昭彦、吾妻安良太、臼杵二郎、砂塚敏明、大村 智

9) 7月12-13日 第28回PFシンポジウム、筑波(つくば国際会議場エポカル)
タイトル;In situクリックケミストリーから得られた阻害剤とキチナーゼBとの複合体構造解析
○真板宣夫、川真田純、山本 剛、廣瀬友靖、砂塚敏明、谷口寿章

8) 6月15-16日 第99回 有機合成シンポジウム、東京(慶應大学)、口頭発表
タイトル;抗MRSA活性を有するNaphthacemycin類の全合成研究
○小嶋康裕、廣瀬友靖、木村紗穂莉、菅原章公、塩見和朗、花木秀明、大村 智、砂塚敏明

7) 5月27-28日 第9回 次世代を担う有機化学シンポジウム、口頭発表
タイトル;抗マラリア活性を有する(+)-ヒドロキシアパリシンの全合成
○野口吉彦、廣瀬友靖、古屋佑二郎、土屋竜彦、呉 穎、菅原章公、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明

6) 3月28-31日 日本薬学会 第131年会、静岡、ポスター発表
タイトル;抗炎症作用に特化した新規12員環マクロライドの創製と構造活性相関研究
◯菅原章公、末木啓人、廣瀬友靖、赤川清子、大村 智、砂塚敏明

5) 3月28-31日 日本薬学会 第131年会、静岡、ポスター発表
タイトル;疎水性タグを用いたキチナーゼ阻害剤Argifinの液相全合成
◯廣瀬友靖、笠井尚子、秋元隆史、遠藤綾子、菅原章公、長澤和夫、大村 智、砂塚敏明

4) 3月28-31日 日本薬学会 第131年会、静岡、ポスター発表
タイトル;クロロキン耐性株に対する抗マラリア活性と毒性軽減を目指したスタウロスポリン誘導体の合成
◯筒井 歩、廣瀬友靖、菅原章公、石山亜紀、生田目 幸、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明

3) 3月28-31日 日本薬学会 第131年会、静岡、ポスター発表
タイトル;抗嫌気性菌活性を有するLuminamicinの合成研究
◯松丸尊紀、戸田正輝、廣瀬友靖、菅原章公、大村 智、砂塚敏明

2) 3月28-31日 日本薬学会 第131年会、静岡、口頭発表
タイトル;抗 MRSA 活性を有するNaphthacemycin類の全合成研究
◯小嶋康裕、廣瀬友靖、木村紗穂莉、菅原章公、塩見和朗、花木秀明、大村 智、砂塚敏明

1) 3月26日 日本農芸化学会 2011年度大会、京都(京都女子大学)
タイトル;マコモタケ由来の生理活性物質の探索
○山川泰広、山下起三子、伏見圭司、柴田歌菜子、廣瀬友靖、砂塚敏明、平井浩文、河岸洋和

2010年


14) 12/19, Pacifichem 2010, Hawaii, United States
Title; Potent chitinase inhibitor, argifin; an effective solid phase total synthesis, and creation of novel chitinase inhibitor via molecule design and in situ click chemistry.
Sunazuka, T.

13) 9月10日 第1回 全国共同利用•共同研究「酵素学拠点」シンポジウム, 東京(北里大学)、招待講演
タイトル;微生物由来の天然物を用いた創薬研究
砂塚敏明

12) 6/22-25, 11th Tetrahedron Symposium, Beijing, China, Poster PSC.111
Title; Synthetic Study of Apparicines, Novel Antimalarial Indole Alkaloids
Sunazuka, T.; Noguchi, Y.; Hirose, T.; Furuya, Y.; Tsuchiya, T.; Ishiyama, A.; Otoguro, K. and Ōmura, S.

11) 6/22-25, 11th Tetrahedron Symposium, Beijing, China, Poster PSB.21
Title; Chitinase Inhibitors: Extraction of the Active Framework from Natural Argifin and Use of In Situ Click Chemistry
Hirose, T.; Sugawara, A.; Yamamoto, T.; Shiomi, K.; Watanabe, T.; Sharpless, K. B.; Ōmura, S. and Sunazuka, T.

10) 6月18日 第97回 有機合成シンポジウム、東京(慶應大学)、口頭発表
タイトル;(+)-Hydroxyapparicineの全合成
○野口吉彦、廣瀬友靖、古屋佑二郎、土屋竜彦、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智、砂塚敏明

9) 6月18日 第97回 有機合成シンポジウム、東京(慶應大学)
2009年度有機合成化学協会企業冠賞 アステラス製薬・生命有機化学賞の受賞講演
タイトル;マクロライドをはじめとする微生物由来生物活性天然物の合成研究と創薬展開
砂塚敏明

8) 3月28-30日 日本薬学会 第130年会、岡山
タイトル;抗嫌気性菌活性を有するLuminamicinのsouthern partの合成研究
砂塚敏明、○松丸尊紀、戸田正輝、廣瀬友靖、大村 智  

7) 3月28-30日 日本薬学会 第130年会、岡山
タイトル;抗嫌気性菌活性を有するLuminamicinのnorthern partの合成研究
砂塚敏明、○戸田正輝、勝山 賢、松丸尊紀、廣瀬友靖、大村 智  

6) 3月28-30日 日本薬学会 第130年会、岡山
タイトル;抗MRSA活性を有するNaphthacemycin類の全合成研究
砂塚敏明、○小嶋康裕、廣瀬友靖、塩見和朗、花木秀明、大村 智

5) 3月28-30日 日本薬学会 第130年会、岡山
タイトル;抗線虫活性を有するJietacin Aの全合成および誘導体合成研究
砂塚敏明、○橫田亜里紗、廣瀬友靖、大村 智

4) 3月28-30日 日本薬学会 第130年会、岡山
タイトル;抗MRSA•抗VRE活性を有するBottromycin A2誘導体の合成研究
砂塚敏明、○小林 豊、長井賢一郎、廣瀬友靖、市岡真季、松井秀仁、花木秀明、大村 智

3) 3月28-30日 日本薬学会 第130年会、岡山
タイトル;酵素共存銅触媒トリアゾール形成を指標とした高活性キチナーゼ阻害剤の探索
砂塚敏明、○廣瀬友靖、菅原章公、山本 剛、塩見和朗、渡邉剛志、Sharpless, K. Barry、大村 智

2) 3月28-30日 日本薬学会 第130年会、岡山
タイトル;抗マラリア活性を有するボロマイシン誘導体の合成と活性評価
砂塚敏明、○筒井 步、古屋佑二郎、金 里瑛、廣瀬友靖、増間碌郎、三浦広美、高橋洋子、石山亜紀、生田目 幸、乙黒一彦、大村 智

1) 3月28-30日 日本薬学会 第130年会、岡山
タイトル;抗マラリア活性を有するボロマイシン誘導体の合成と活性評価
砂塚敏明、○筒井 步、古屋佑二郎、金 里瑛、廣瀬友靖、増間碌郎、三浦広美、高橋洋子、石山亜紀、生田目 幸、乙黒一彦、大村 智

2009年


1) 3月6日 九州大学大学院教育プログラム 平成21年度院生企画シンポジウム「有機合成化学の最先端」、福岡(九州大学)
タイトル;微生物由来天然物Argifinの全合成と高活性キチナーゼ阻害剤の創製研究
廣瀬友靖